■ホタル情報
ホタルの雑学
一生のサイクル
餌は何?
東日本と西日本
観察結果
朝倉川募金箱

〒440-8508
愛知県豊橋市花田町石塚
42-1 豊橋商工会議所内
TEL.080-6923-5257
FAX.0532-53-7210
hotaru@asakuragawa.net


■ホタル情報 

一生のサイクル

【ホタルの一生】
『げんじぼたる』は、卵から成虫になるまでに約1年かかります。生涯の大部分は水中で生活し、成虫になってからの寿命は約2週間です。

※赤丸部分をクリックしますと、詳細がオープンウィンドウでご覧いただけます。↓


●産卵(6月)
ホタルのメスは、成虫になってからすぐに卵を産めます。1匹から約500〜1000個の卵を水辺の湿ったコケなどに産み付けます。
●ふ化(7月/卵期間約1ヶ月)
ほぼ1ヶ月でふ化します。ふ化したらすぐに水中に入ります。
●幼虫(8月〜来年4月/水中生活約9ヶ月)
幼虫は、約9ヶ月間水の中でかわになをモリモリ食べて成長します。
●さなぎ(5月/地中生活約40日)
雨上がりの湿った土に上がり、土のうを作りさなぎになります。
●成虫(6月/飛翔)
オスが先に羽化し、メスは1週間ほど遅れて羽化します。成虫になってからの寿命は約2週間です。


【ホタルの体の秘密】
ホタルは生まれてから死ぬまで光りつづけているのです。

卵の時から小さく
ぼーっ。
幼虫もゆっくり
ぴかっ。。
さなぎも触ると
ぼーっ。
大人に!死んだら
光らなくなります。

■身を守るために・・・。

ホタルは、幼虫の頃から外敵に襲われると、特異なにおいを出して身を守ると考えられています。外敵は『光るホタル=くさくてまずい』ということを学習して、光る獲物を食べなくなる、つまり光がにおいと共に外敵に対する警告信号にもなっていると考えられます。



ホーム朝倉川育水フォーラムって?イベントリポートビオトープ情報ホタル情報
朝倉川流域ビジョン朝倉川通信朝倉川水辺協議会朝倉川環境調査関連リンク集
事務局ご案内各種お申込みお問合せ朝倉川募金箱